麻酔薬を用いる

drugs and yellow leafs

日本ではPriloxの知名度がそこまで高くないので、知らないという方も多いかもしれませんね。Priloxは実は局部麻酔の薬で、男性器の感覚を麻痺させるのに使用されます。
Priloxの使い方は非常に簡単で、行為の前に男性器に直接塗布します。Priloxは塗布した箇所にのみ強い麻酔効果をもたらす薬なので、ひとたび塗れば男性器の感覚はマヒし、快感を感じにくくなります。
快感を感じにくくなるのはもったいないような感じがしますが、性行為の快感がすべてなくなってしまうのではなく、適度な快感は感じることができますので、きちんと射精まで至ることができます。
塗っているところさえ見られなければ早漏がばれることもありませんので、トイレで塗ってからコンドームをするなどの工夫をしましょう。

麻酔薬と聞くと不安になる方も多いかもしれませんが、Priloxは手術の時に使われるような麻酔薬ではなく、あくまで感覚を鈍らせる程度の麻酔薬です。
注射で直接体内に取り込むわけでもないので、麻酔薬の中でも効果は薄い方だといえます。薄いといっても、性器のようなデリケートな場所に使うとなると強い効果を実感することになるので、用法用量を気にしながら利用するようにしましょう。
Priloxを使って性行為を行うと、感覚がマヒしているだけで亀頭は刺激されていることになるので、どんどん亀頭は鍛えられていきます。すなわち、Priloxを常用しているうちにどんどん性器は強くなるので、そのうちPriloxがなくても性行為が楽しめるようになる可能性が高いです。
自然に強くなるまでの間だけでも、薬の力を借りてみるのが良いでしょう。